グリストラップ・給排水管

グリストラップ洗浄及び給排水管洗浄について

グリストラップ洗浄及び排水管洗浄を行なうことによって、環境衛生にも良い効果が現れると共に2次災害も防ぐことも出来ます。

定期的なメンテナンスを実施することによって

トラップ内に油が溜まった状態が続くことによって発生する、子バエやゴキブリの繁殖を抑えることが出来ます。またグリストラップからの2次側排水管にも油が付着し排水管詰りの災害が起こりますので、緊急作業での排水管・通管作業を行なわなければならない状態になり、多額な経費が掛かってしまいます。

それを防ぐ為に定期的にグリストラップの洗浄及び排水管洗浄を行なう方が環境衛生的・経費的にもお客様の安心にもつながるのではないかと思われます。また2次災害とは、排水管が詰まる事によって水が逆流し気付かない内に下階への漏水又は、共用排水管も詰まり他店や最終下水管にさまざまな悪影響が及びます。専用部分だけではなく他にもこうした災害が起こるのです。

グリストラップや排水管の油付着量は、お客様の普段行なっている清掃頻度や使用量によって異なりますので、お客様自身がご理解を頂き、2次災害や不衛生が起こらないようにお客様にとって良い対策方法をご検討され定期的に洗浄を行なう事をお勧め致します。

グリストラップ清掃施工手順

1.予備調査 グリストラップ内に、油脂分(油分)がどれ位溜まっているか又はグリストラップ内のゴミ収集かごに、どれ位たまっているかを確認します。
2.洗浄 予備調査で集めた情報をもとに、グリストラップ内のゴミ収集かごと中の仕切板を洗浄し、最後に油を引き抜き一旦空の状態にします。
3.保全 常に衛生状態を保つため定期的に洗浄を行いグリストラップ内の油の付着を防ぎます。状況に応じて洗浄回数を決めます。
作業前 作業後

給排水管高圧洗浄施工手順

1.予備調査 グリストラップからの2次側排水管の流れ具合や油の使用量を確認し、排水管の汚れ状況を確認します。
2.洗浄 排水管内の油脂分を除去する為に逆噴射ノズルを挿入し高圧洗浄を行います。
3.保全 排水管内の油脂分を出来るだけ付着させない為に高圧洗浄を行います。尚、状況に応じて定期的に洗浄を行います。
作業中 作業中 作業中

グレーチング

虫の発生を防ぎ、排水をよくする。 油の付着により滑りやすく危険!

作業前 作業後

※備考

基本的にはグリストラップ及び2次側排水管の洗浄は、お客様の専有部分となり管理はお客様の責任となりますが、専用部分の排水管高圧洗浄を行なうことによって、共用配管が詰まることが有ります。その場合、共用部分に関しましてはあくまでも建物の管理者の責任となる場合がありますので、万が一のことを考えて作業を実施する前に念の為、管理会社様への事前連絡をお願い致します。

お問い合わせ先

株式会社Specialist(スペシャリスト)
〒564-0044
大阪府吹田市南金田2-14-2 ミカサビル301
TEL: 06-6821-7677 FAX: 06-6821-7717
e-mail: spe@spe1693.co.jp

詳細は電話・FAXにてお問い合わせください。

Copyright Specialist, inc. All rights reserved.